これからの
お住まいづくりのあるべき姿

お伝えしたいこと・・・
『子ども達の未来を考える街として』

「地球環境を考える、未来を創造する、次世代へ受け継がれる」
住まいづくりが始まっています

「省エネルギー住宅」の必要性

省エネ

現代の住まいづくりにおいて最重要テーマの1つが「省エネ」
東日本大震災以降、エネルギー消費量低減に対する社会的要請は強まる一方であり、住まい手にとっても光熱費削減のメリットが大きいことから、住宅の省エネ性能は目覚ましい進化を見せています。
創エネ設備(水素発電・太陽光発電システム等…)を付加することにより、使用するエネルギー量はそのままで、創出するエネルギー量と相殺することが、本当の省エネ性能の高い住宅といえるでしょうか。
メゾンレーヴシリーズでは、お住まいづくりは次世代に受け継がれる「資産」と考え、「家族を守る安心・安全のお住まいづくり」だけでなく、躯体から資材に至るすべてを見直し、実質的な省エネ性能の高いお住まいづくりをご提案しております。

これからのお住まいにあるべき性能

省エネと共に住まいづくりで重視すべきが、住む人の「健康」を支えるという考え方。
木の良さを活かし、国が定めた「健康維持増進住宅」のガイドラインを検討し、木の住宅ならではのリラックス効果、コミュニケーションや安全を重視した設計、清浄な空気環境を実現する設備など健康への配慮や多彩な提案が求められています。
「地球環境を考える、未来を創造する、次世代へ受け継がれる」お住まいづくりの最新情報をご確認下さい。

基準

2020年基準とは?

省エネ

2020年までに新築住宅・建築物の段階的に省エネ基準への適合を義務化

この義務化に向けて、施工技術向上や伝統的木造住宅の位置付け等に十分配慮しつつ、円滑な実施のための環境整備に取り組む。
具体的には、省エネルギー対策の一層の普及や住宅・建築物や建材・機器等の省エネルギー化に資する新技術・新サービス・工法の開発支援等を実施する。

2020年基準

開口部や壁の断熱性能の評価だけではなく、使用するエネルギーや作り出されるエネルギーも含め一次エネルギー消費量で数値化した燃費性能で、現在の断熱等性能等級最高等級が基準となる省エネ対策がとられた高い性能基準をいいます。

「安心・安全・快適」のお住まいづくりのメリット!!

耐震

建築基準法では、数百年に一度の地震でも倒壊しない耐震性を定めています。弊社ではその建築基準法の1.5倍の耐震性「耐震等級3(耐震最高等級)」を基準と考え、「安心して暮らせる住まい」をご提案。地震に負けない暮らしをサポートいたします。

「設計住宅性能評価」取得
「耐震等級3(耐震最高等級)」と共に、快適な暮らしをサポートするため「断熱等性能等級4(最高等級)」を取得し、お住まいの皆様へご案内、ご提供させて頂いております。

安心・安全だけではなく・・・

~ 贈与税の非課税枠の引き上げ ~
~ フラット35S(金利Aプラン)による金利引下げ
~ 地震保険料の最大50%の割引

to top

お客様からのご相談・お問い合わせは、上記ボタンをクリックまたは、株式会社NSホームへ 0120-599-519(平日の9:00~17:00)へお電話ください。

Copyright(c) NSHOME All Rights Reserved.